今回お世話になったのは「たてしな薫風 」 温泉は酸性-ナトリウム塩化物硫酸塩泉、pH2.9、泉温62℃(加水あり) 酸性の温泉といえば草津温泉が有名ですが、長野県内では酸性高温泉はここ蓼科だけ 加水しているため入浴するには適温でしたのでゆっくりと入浴できました 浴室は3ヶ所で、大浴場が男女入れ替え制でひとつは露天風呂付き 貸切風呂は露天風呂のみで空いていればいつでも入れるという仕組みです

食事は地元の食材を和フレンチに仕立てた会席料理 鼻で、目で、味で堪能する馴染みのある信州の食材の数々にワインがすすんじゃう ボトル1本とグラスで・・・でも呑みすぎた感じはなくてお腹も心も100%満足でした! 朝食は和食か洋食かを選ぶことができて 私は和食を、母は洋食を選択しましたがどちらも美味しそう♪ 隣の芝生が青く見えるのは仕方のないことですね(笑)
満足のいく宿で、また泊まりに行きたいなぁ。 そしてこの日の朝からなんとなく喉の調子がおかしくて水鼻&くしゃみ連発 そうです・・・風邪引いたんですね。 日中は東京と変わらない暑さの蓼科でしたが朝晩はものすごく冷えるんです 温泉で温まったからと言っても引くときは引くもんですね^_^; 悪化しないように養生します。