昔々、小学校の林間学校で行った八ヶ岳で遭難した いくつかの班に分かれて行動していたんだけど、突然の大雨で私たちの班だけが取り残されてしまい、そのうち添乗員が道を間違えてしまったため合流地点にたどり着けなかった ということがあって、でもその後どうやって合流できたのかとか何故取り残されたのかとか全く覚えていない それから30年も経つのに八ヶ岳は観るだけで訪れたのは初めてのこと 北八ヶ岳ロープウエイ 名前は何度も聞いていたし側を通ることもしばしば こうも毎日暑い日が続くとどうしても涼しい場所へ行きたくなる 昔あんなにも怖い思いをしたのに行くことに決めたなんて暑さで頭がやられていたのか? それはさておき、ロープウエイ山頂の標高は2237m 気温は16℃だが、陽射しが強いので寒さを感じさせない

ロープウエイ山頂駅から横岳や縞枯山への登山も出来るが登山装備が必要となってくる 山頂駅は坪庭になっていて一周40分ほどの散策が楽しめる この北八ヶ岳では世界的にも珍しい現象が見られる それが縞枯現象といって木が枯れてしまう部分と成木が交互になっている現象のことで、本州ではここ北八ヶ岳が有名だという なぜこのような現象が起こるのかはまだ分かっていないとのことだが、 自然がもたらす神秘的な現象を目の当たりにできたのは奇跡!(3枚目写真)