ジメジメとした梅雨の時期は洗濯物が乾かないし傘が鬱陶しいから外出も億劫。
でも、そんな雨も農作物やお花たちにとっては恵みの雨!

紫陽花も晴れている時よりも花曇りか小雨の中で撮影したいのが本音です。 

鬱陶しい梅雨に入ると思い出す句があります。

      樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ」 日野草城

何年か前のカレンダーに毎月俳句が書いてあり気に入った句でした。

そんな句とは正反対のカンカン照りの中で紫陽花を撮影してきました。 
もちろん多摩区内です🎶
早く堂々と県外へ行かれる日が来るといいな。
A6C8725B-72CB-4F78-B3A5-4BEEC252D130