空気が乾燥しているから空が透き通っている
風邪や火事が怖いけれど、嫌いじゃないな。この乾燥している空気は。
Img_0cf8b069c19acf843337bede2fa16ac7
備忘録として宿泊した温泉宿の情報を記録していきます。
個人の主観が入る場面もありますが、繰り返し読みたくなるような備忘録にしようと思います

今年の1湯目は、
長野県 沓掛温泉 満山荘  (Click!) 
元々、満山荘は高山村の頂上 奥山田温泉にあったが、お客様を満足させられるような湯量の確保ができなくなり、しばらく営業を休止していたと聞きます。
その後、ご縁があり約85km離れた小県郡青木村にある沓掛温泉の地で新たな満山荘を始めることになったという。

そんな満山荘ですが、やはり以前からのファンが多く訪れるという。
同じ信州であっても環境や泉質が全く異なる。人を引き寄せる何かがあるに違いない。
沓掛温泉の周辺には、田沢温泉や鹿教湯温泉・別所温泉などがあり温泉好きにとってはたまらない地である。
私もこの地に移ってからの満山荘は2度目。
最初に訪れたのは2017年2月、いったい何に引き寄せられたのか?

満山荘の泉質は2つあって、
内湯→アルカリ性単純泉 泉温は41度に加温している
外湯→アルカリ性単純硫黄泉 源泉38.5度を掛け流し
写真は、2017年8月にオープンした野天風呂
広々と開放感があり、大きなけやきや山々に囲まれたのどかな景色を楽しむことができる。
源泉温度そのままなので冬は寒いかな?
20分もじっくり浸かっていると体の芯からぽかぽかと温まってくる。温泉効果とは不思議なものだ。
Img_84b60823976676185487e0a634bcb623
Img_524c4bd0f79fab3d63643eb85d8caa33
温泉宿での愉しみは食事も含まれている。
温泉が良くても食事がイマイチだと再訪はないし、
部屋と食事が良くて温泉がイマイチでも、また行きたいと思うこともある。
結局私は食事なのか?

満山荘の食事は五感フル回転でいただきます。
①嗅覚→見るよりも先に鼻から美味しさを感知します。鼻炎の方はゴメンナサイ。
②視覚→案内された席に着くと彩り豊かなアートで楽しめる。
③触覚→器や装飾品の手触り
④聴覚→天ぷらを揚げる音、お料理内容を説明してくださるご主人の声
⑤味覚→甘み、辛み、苦み、全てが程よく重なり合うことで旨みに変化していく

苦手な食材でも、口に合わないというのがなくてどれも美味しい。
春の山菜のフキノトウも頂いた。今年はもう出始めているといい、苦みからほんの小さな春を感じられた。

朝食は宿泊者の人数に合わせて、通常はビュッフェスタイル
Img_1649f449c380f2e13362f7a926c5d198
Img_1365f44036a301e6a1e97bb0de28b21a
Img_558665b2634a984f08b1fdc3c242dcb9
満山荘は、お料理担当の奥様と湯守のご主人、そして息子さんの3人で営まれています。
このご家族3人によって、フル回転の五感が癒されていく。
満山荘のファンが絶えない理由は、これが答えなのかもしれない。
途中経過は皆それぞれだけど最終的に辿り着くところは皆同じなのだろう。

私も3度目は季節を変えて行きたい。

沓掛温泉 満山荘
長野県小県郡青木村沓掛434
Img_5b58224854e2f19ede3503f71fb97346
Img_9aef223ce1af1fa49a9d68b1ad1cba6d
Img_7a2865e8e1170cdae121e2b90d40b0b8
警察官や消防士萌えというのでしょうか
制服を着ている仕事人を見るとシャキッとします

特に人命救助を職としている人たちは憧れですね。
町の安全を守るために、これからもよろしくお願いします!
Img_13df2fe97c8aca4c997dae6527f066e4
3年振りの部分日食
日食の時間の天気は、やや雲は多いもの見ることができた!
せっかくだから撮影にもチャレンジしてみようときざいに悩んだが、意外にも簡単にレンズ越しに見ることができた。

NDフィルターの二枚重ねと、厚い雲がフィルター代わりになってくれたので助かる!

写真はちょうど食の最大時、10時6分頃です。
次回は天候にもよるが12月に見られるかもしれない?
楽しみです!
Img_ea4da186cc8a94d3855b3669ce2687ef
Img_b837450bcf4f2e8b437a155618c87023
Img_a69980b5a33bb2744c3ab8ea38886482
川崎市内の消防出初式が行われる
地元の多摩区ではなく、お隣の麻生区で行われる会場のほうが近かったので行ってみた。

区内にある消防車や消防団車がずらりと並んでいて、これだけでも見応え十分!
上空に川崎市の消防ヘリ『そよかぜ』が現れると、子供も大人も大歓声で手を振る。
かっこいいよね〜!

消防団長の挨拶には耳を傾けて聞いている人が多く驚いた。