桜が散ってしまっても絵になるため池を見つけた

小川町の分校から2kmほどにあるお寺の一画
もう間もなく陽が沈む
そうなる前に偶然見つけた場所でした

花筏をカッコよく撮影できないものか?
今回一緒に行った人は、写真講師も仕事としている女性カメラマンなので目の付け所が違います。
花筏ぐるぐる
せっかくなので花火撮影時に使うNDフィルターをPLフィルターの上に重ねて使います
露光時間を60秒、絞りは一番絞って22で設定。
Img_4f3f20865a087da49cd2282ade2b3817
肉眼レフではこんな風に動いているようには見えないが
さすが一眼レフ!面白いですね!

Comments

ワイエス | 04.08.2018 23:28
その方は、すばらしい感性をお持ちだから、写真講師されてるんでしょうね。
きさらぎ | 04.09.2018 22:16
そうなんですよね。私もいつか同じ道を辿りたいです。
ところで、こういう写真はどうですか?写真の感想が聞きたいです
ワイエス | 04.22.2018 01:05
返答遅くなりました。
この様な写真はシャッタースピード遅くしたりの、撮影テクニックでなし得るものだと思います。 自分はそういうのは、遊び心から飛躍したものと考えます。絵としては面白いですが、エスカレートすると何を表現したいのか解らなくなると思います。
この写真はどういう絵が撮りたいかが解るので、素敵だと思います。
きさらぎ | 04.29.2018 10:08
そうそう、そういうコメント(笑)
肉眼で見えていても数十秒前の景色は覚えていられないので、こういうスローな動きのものを撮影するというのは、かなりの遊び心が優先しています。実際には見えているはずなのに記憶として残らない残像を写せるからカメラって面白いですよね!ありがとうございます!

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする