埼玉県と山梨県を結ぶ全長6.6kmの雁坂トンネルを埼玉県側から入る手前に
赤い橋と黄色い橋が見えるてくる。赤い橋を豆焼橋、黄色い橋を雁坂大橋と呼ぶ。
この写真はその豆焼橋から撮影した雁坂大橋で、
燃えるような紅葉が広角レンズいっぱいに広がっていた!

実はこれを撮影したのは手持ち撮影ギリギリの日没直後で、なんとなく明るさが残っている段階。
ISO2000まで上げてもシャッター速度は1/4秒
三脚の準備をしている間にどんどん暗くなると思い、止むを得ずの手持ち撮影。
そのため写真を拡大すると木々がブレているのと全体的にざらついて見えるのは仕方がない。

なんとなく橋がライトに照らされて浮き出ているようにも思える
Img_a986043c6933270faa3c063ad52ecc66

Comments

ワイエス | 11.18.2018 22:32
全体的にやや暗いのが残念ですね。もう少し明るさがあれば、橋の色と紅葉がマッチしてキレイだったと思います。
ただこれはこれで夕闇迫る中に黄色い橋が浮き出ている感じで、趣があります。
きさらぎ | 11.21.2018 10:50
ワイエスさん
コメントありがとうございます。
こちらの写真ですが、本文にあるように日没直後かろうじて明るさが残っている状態での撮影でした。残念な写真であればここに載せません。この場所に行ったから載せるだけでは記録ですから・・・
捉え方は人それぞれで、ワイエスさんは残念な気持ちを前面に出されてきたことが私にとっては残念です。

僅かな光の中でもこれだけの色を放っている木々の姿に感動した場面だったから載せたのです。そりゃ、明るければもっともっと綺麗に見えますし敢えてこの遅くではなくてもっと早く行きます。
この時間だから切り出せる美しさだと私は思っていますよ
ですから、後者のコメントだけしか見ていないことにします(笑)
ワイエス | 11.21.2018 22:32
私はまず一般的、客観的な感想を述べたつもりです。
まぁ意見は十人十色ですからね。
きさらぎ | 11.21.2018 23:04
はい、十人十色です。
客観的にしか捉えることができなかったということで、一般人のご意見をありがとうございました。
背景を考えることでもう少し違った意見も生まれると思いますよ。見る角度を変えるだけで世界は変わりますから。

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする