ジュエリーや光り物の商品撮影の時、ライティングがどのような役割をするのか試してみました。
あくまでも健忘録なので、一般人にはつまらないと思いますからスルーしてもらって構いません。

用意するもの
・コメット2灯
・アクリル板
・三脚

コメットは最低出力の1/16
カメラ設定はF8、1/125、ISO100、WB4600K
Img_62c9fc3f011b966e4c562500cecb6038
天井バウンスのみ
Img_b6110dd567ca37b8eb06bd915d73bb24
天井バウンス+下から
Img_c32c6f4d23c381ae71b8dbd8d200a5d2
壁バウンスのみ
Img_c5921d2a2f42089cadcf47bcb0bacc54
壁バウンス+下から
結果

①手前に影ができるため立体感が出る
②柄がしっかりと映るが全体的にのっぺらい感じ
③影はないがアクリル板に映り込みができ立体感が出る
④影がなく柄に光が反射し全体的にのっぺらい感じ

個人の撮影ならば①でもありだが
フォトショで編集を考えると②が一番望ましい撮影方法かと思われる。