数年前までお堂の両脇に枝垂桜が寄り添うように立っていたが
右側の木は大雪により根こそぎ倒れてしまった。

地元の住人から「夫婦桜」と呼ばれていたという

今では、孫だろうか
小さな木が、ほんわかとさせてくれる。
Img_be3ea03bbc5fc6d72372c258e070e4cd
Img_d6b0605b93858f522b42a9822eaaafa7
日野市を流れる浅川土手に長さは短いがボリューム満点の桜並木があった。
土手を下りて、低い位置でカメラを構える。

サイクリングや犬の散歩、家族でお花見
晴れて気温上昇した週末を楽しむ人たち

平和だなぁ
Img_0c29dc4ef447e5cfeb4fb26ae2995b11
平成最後のエイプリルフールですね
そして新元号が発表されて
万葉集やら号外と賑わう日本は、なんて平和な国なんだろうかとつくづく思います

午前中に時間があったので近所の桜を撮影しに出る
よみうりランドの麓にある寿福寺は、遊園地からの絶叫がこだまするくらい静かだ
1本の染井吉野が境内を明るく照らしている感じがした。
Img_92052ebce3107c1d58d8159df22502ac
登戸から多摩川沿いに歩いて行くと、二ヶ領用水路へ分かれる。
川崎の桜名所のひとつとも言われている週末の桜並木は多くの花見客(桜よりもお酒を楽しむ人々)で賑わっていた。

あの目黒川よりはかなりマシで、川沿いを歩くには不自由ない。
花見客は皆、川の脇の小径を占領している。

本来の花見とは、純粋に桜を愛でることだが
これでは花より団子だわ。
Img_d791ecdff56688f70e49644ee9319596
Img_be5a99014da6004533635941b7362972
Img_ccc18ddc012a984ee1a640e4a1e180db
小田原の少し先、入生田駅から徒歩15分ほどの山の中に樹齢180年のエドヒガンザクラが咲いている。
今が一番!というくらい咲きっぷりが見事でした。
Img_207ca567d58a6d85ff0113d9d3e5342b
Img_84c9ca792ae0ae0622de857bd9398ab5