備忘録として宿泊した温泉宿の情報を記録していきます。
個人の主観が入る場面もありますが、繰り返し読みたくなるような備忘録にしようと思います

今年の1湯目は、
長野県 沓掛温泉 満山荘  (Click!) 
元々、満山荘は高山村の頂上 奥山田温泉にあったが、お客様を満足させられるような湯量の確保ができなくなり、しばらく営業を休止していたと聞きます。
その後、ご縁があり約85km離れた小県郡青木村にある沓掛温泉の地で新たな満山荘を始めることになったという。

そんな満山荘ですが、やはり以前からのファンが多く訪れるという。
同じ信州であっても環境や泉質が全く異なる。人を引き寄せる何かがあるに違いない。
沓掛温泉の周辺には、田沢温泉や鹿教湯温泉・別所温泉などがあり温泉好きにとってはたまらない地である。
私もこの地に移ってからの満山荘は2度目。
最初に訪れたのは2017年2月、いったい何に引き寄せられたのか?

満山荘の泉質は2つあって、
内湯→アルカリ性単純泉 泉温は41度に加温している
外湯→アルカリ性単純硫黄泉 源泉38.5度を掛け流し
写真は、2017年8月にオープンした野天風呂
広々と開放感があり、大きなけやきや山々に囲まれたのどかな景色を楽しむことができる。
源泉温度そのままなので冬は寒いかな?
20分もじっくり浸かっていると体の芯からぽかぽかと温まってくる。温泉効果とは不思議なものだ。
Img_84b60823976676185487e0a634bcb623
Img_524c4bd0f79fab3d63643eb85d8caa33
温泉宿での愉しみは食事も含まれている。
温泉が良くても食事がイマイチだと再訪はないし、
部屋と食事が良くて温泉がイマイチでも、また行きたいと思うこともある。
結局私は食事なのか?

満山荘の食事は五感フル回転でいただきます。
①嗅覚→見るよりも先に鼻から美味しさを感知します。鼻炎の方はゴメンナサイ。
②視覚→案内された席に着くと彩り豊かなアートで楽しめる。
③触覚→器や装飾品の手触り
④聴覚→天ぷらを揚げる音、お料理内容を説明してくださるご主人の声
⑤味覚→甘み、辛み、苦み、全てが程よく重なり合うことで旨みに変化していく

苦手な食材でも、口に合わないというのがなくてどれも美味しい。
春の山菜のフキノトウも頂いた。今年はもう出始めているといい、苦みからほんの小さな春を感じられた。

朝食は宿泊者の人数に合わせて、通常はビュッフェスタイル
Img_1649f449c380f2e13362f7a926c5d198
Img_1365f44036a301e6a1e97bb0de28b21a
Img_558665b2634a984f08b1fdc3c242dcb9
満山荘は、お料理担当の奥様と湯守のご主人、そして息子さんの3人で営まれています。
このご家族3人によって、フル回転の五感が癒されていく。
満山荘のファンが絶えない理由は、これが答えなのかもしれない。
途中経過は皆それぞれだけど最終的に辿り着くところは皆同じなのだろう。

私も3度目は季節を変えて行きたい。

沓掛温泉 満山荘
長野県小県郡青木村沓掛434
なぜ姥湯温泉はこんな山奥にあるのか?

姥湯温泉の由来

鉱山師だった初代が鉱脈を求めて山々を渡り歩いているとたまたまこの地へやって来た。

すると露天風呂に髪の長い女性が湯浴みしているではないか。

こんな山奥で女が湯浴みとはと驚き、おそるおそる近づけば、なんと、赤ん坊を抱いた恐ろしい形相の山姥であった。

思わず逃げ腰になると、山姥はそんな因果な山師などやめて、この湯の湯守にならんかいと云い残し、赤ん坊もろとも山姥の姿はどこかえ消えてしまったという。

それ以来この湯を姥湯と名づけ、現在に至ると言い伝えられております。【姥湯温泉ホームページより】

どこの温泉にもこんな言い伝えはありますが、だいたいは動物なんですよ。
鹿が傷を癒していたから鹿の湯(栃木県)
足に怪我を負った子熊が患部を湯にさらしていたから熊の湯(長野県)
など。山姥とはおもしろいですね!

私の故郷、小川村のお隣(旧 中条村)今は長野市中条は山姥の里と言われており、あちこちに山姥の絵が描かれた看板がありまして、夜の運転でヘッドライトに照らされた絵が結構怖いんです。

それはさておき姥湯温泉
Img_d37ea78a59dd8af96170e912be9123a1
Img_22f745acf5ba0fa3025ea8707a3a2183
Img_05f95270d895fa6c9f504e984c5734bb
1枚目は白濁のよく見る硫黄泉ですが、
2枚目は少し透明感があります。

1枚目は曇っている夕方で気温は15℃ほど
2枚目は快晴だが朝7時頃で気温は12℃ほど

外気温はほとんど変わらないので、曇っているか晴れているかの違いか?
多少は見え方としてそれも一理あるかもしれませんが、
1枚目は混浴、2枚目は女性専用の写真で、
姥湯温泉がウリとしているのは混浴なんです。
硫黄泉は空気に触れている時間が長ければ長いほど白濁します。イコール酸化しているということです。
時間が経てば経つほど酸化が進み、白濁度も上がるということ。

気になるのは酸化は身体にいいのか?
酸化というより酸性と言い換えると、酸っぱいイメージですね。
酸っぱい代表のレモンの酸性度は2.5、ちなみに胃液は1.5と言われています。
療養泉で有名な秋田県の玉川温泉のpH値は1.2で、草津温泉のpH値は1.5
ここ、姥湯温泉のpH値は2.5でした。

酸性泉は殺菌力が強く、
白癬、疥癬、アトピー性皮膚炎、水虫、火傷、ニキビなどに効果があります。
今年の夏は、しつこい虫刺されが治らず日々痒かったのですが、姥湯温泉だけでなく、蔵王、その前も酸性の温泉にばかり入っていただけで、痒みも傷も治りました。ちゃんと効果が得られたので満足です!
また、酸性泉はシャンプーや石鹸の泡が立ちません。
肌の角質を取ってくれるので、頭も身体も酸性泉で流すだけで良いのです。
しかし、酸性泉や硫黄泉は湯あたりしやすいので、最初はゆっくり浸かる程度にしないと大変なことになります。
湯疲れが原因で熱を出したり、胃腸障害なんかも出る人いるので、気をつけましょう!

そんな訳で、姥湯温泉は山奥の不便な場所にあってもいいお湯が出るので人は集まるんですね。

ちなみに3枚目の写真は川なんですが白濁していますよね。
姥湯温泉は源泉掛け流しで、出ていったお湯を川に放流しているんです
ですから川の所々から湯気がたっていました。

余って放流するくらいなら、我が家に引湯したい・・・(笑)
山形県と福島県の県境の山奥にある一軒宿 姥湯温泉枡形屋へ。
秘境宿で行くのにも一苦労
奥羽本線の峠駅から舗装はされているものの所々に落石があったりすれ違い出来ない幅の狭い道を車で25分進んだ先にある。
電車でいうスイッチバックを車で行ったのは初めてだった!
駐車場からは更に道が狭い為、宿の入り口まで250m歩いていく。
Img_26e32e6e213ea73b1e2f677307f828ad
何故こんな山奥に?

答えはのちほど
温泉旅館に行って何が楽しみかって温泉は当たり前だけど食事!
宿予約の際に重視する点は3つ
①温泉地(泉質) ②部屋にトイレの有無 ③食事の内容
②に関しては私は気にしないけれど母がここだけは譲れないとか・・・
Img_b45cc9a491a11664c1b99cfc75b70a2c
Img_4c3a7eb101f09a7b44bff91a91d89cc6
Img_c383eed13d7a2a598e2dcc6620ceb521
この宿の食事は華やかではないけれど地元の食材をより多く食べて貰いたい
という作り手の気持ちがこもっていました!
食事はただただ多いのではなくて美味しいものを少しずつで十分派なんです
そりゃいろんなものを食べられるのはいいことですが、お腹いっぱいになってしまっては惰性で食べている感じがしますね。
量的には丁度良いかなって感じでした!
Img_41c9f17cc4a44d0113a5dbb9ccff731d
10日前、東京では春一番が吹いた日に群馬県吾妻郡にある
つま恋温泉「山田屋温泉旅館」 (Click!) に宿泊した。
建物やお風呂の造り、館内にある小物の数々が昭和の匂いプンプン!
しかもつい最近ではなくて祖父母の若い頃の昭和って感じ。
Img_1d302ba8faa68cb84d80bc7343057701
Img_17925e81c27fd16836481c4df0b613dd
Img_98f2f9a4776ac55b36acc5d5f5b09483
泉質→ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉
泉温→42.3℃(加水・加温なしの源泉掛け流し)
貸切風呂は3ヶ所あり、そのうち2ヶ所を時間帯貸切が出来ますが枠が決まっているのでチェックイン順=先着順。
16時頃のチェックインでは既に一杯で選べる時間も限られており、チェックイン直後と23時が精一杯の選択できる時間でした。
それでも良いほうで、もっと遅くにチェックインした人は夕食直後か23時半以降しか選べないというシステム。
レトロ・石・釜 この3種類の中から私たちは、レトロと釜を選択することができ
石はお預け状態ですが、それぞれの泉質は変わらず趣が違うだけなのでまたの機会ということで・・・
Img_a759bfb10b0ec498c38a8150cb9b9c4a